世界中で話題のスマートフォン「iPhone6 plus」

世界中で話題のスマートフォン「iPhone6 plus」

iPhone6 plusは、アメリカ合衆国のアップル インコーポレイテッド(Apple)が製造・販売する携帯電話機です。

日本ではNTT docomo、au、SoftBankという大手3大携帯キャリアで使用することができるます。

その他か、「格安SIM」と呼ばれるMVNOのSIMカードも利用することができます。

ただし、docomoが販売する機種ではdocomoのMVNO、auが販売する機種ではauのMVNOしか利用できませんので、注意が必要です。

2014年9月19日に、日本やアメリカなど、10の国・地域で発売開始されました。

iPhone6 plustとは

iPhone6 plusは、スマートフォン(スマホ)に該当し、iOSというスマホ用OSを搭載しています。

そのため、ガラケーと呼ばれる日本の従来型携帯電話とは操作性が異なります。

サイズなど

重さは172gで、大きさは幅77.8mm・高さ158.1mm・厚さ7.1 mmとなっています。

画面サイズは5.5インチ(約13.97cm)です。

内蔵容量は、16GB、64GB、128GBの3種類から選ぶことができます。

SDカードなど、外部ストレージを挿入するスロットはありません。

通信規格

通信規格は、最大150Mbps・キャリアアグリケーション対応・VoLTE対応のLTE、IEEE 802.11ac対応のWi-Fiです。

LTEに対応していないエリアでは、3G通信に切り替えることができます。

また、au版は最大110MbpsのWiMAX2+、SoftBank版は、Hybrid 4G LTEにも対応しています。

カメラ

カメラの画素数は1.2メガピクセルであり、静止画のほか、720pのHD動画を撮影することもできます。

ワンセグ機能は搭載されていませんが、市販されているワンセグチューナーを取り付けることで視聴が可能になります。

GPSに対応

多くのスマートフォンと同じく、iPhone6 plusもGPSに対応しており、マップアプリで現在位置を測定したり、カーナビを利用したりできます。

おサイフケータイはナシ

本体におサイフケータイ機能は搭載されていません。

NFC対応のApple Payが標準装備されていますが、2015年現在、日本ではNFCは普及していません。

ですが、「おサイフケータイ ジャケット」と呼ばれるオプション品を装着することにより、おサイフケータイ機能を利用することができます。

あなたのいらないスマホは、いくらになる?

無料査定してみませんか?

おどろきの価格が返ってくるかも?

スマホの買取の携帯王